FCV開発技術 特集

「究極のエコカー」と呼ばれるFCV(燃料電池自動車)。FCVに必要な部材や検査装置、燃料電池システムをピックアップ。
またセミナーでは、国内外の自動車メーカーの取組みのほか、FCVの普及に動き出した中国の動向もご紹介します。


FCV用タイプ4タンク(試作品)

社名:八千代工業(株)
説明:軽量、低コスト、高生産性を追求した70MPaタンクを開発中。

気相用水素センサ

社名:(株)TYK
説明:窒化炉・浸炭炉やガス配管中の水素濃度を連続測定できます。

燃料電池スタック

社名:(株)水素パワー
説明:車載向け燃料電池。

Hyundai Fuel Cell System

社名:(株)現代自動車
説明:World class technology (In-house development for core technogies)

燃料電池小型トラック(FCV)2019年仕様

社名:(株)東京アールアンドデー
説明:燃料電池小型トラック2019年仕様。

車載用TYPE4高圧水素タンク

社名:(株)巴商会
説明:LJIN Composites社製、FCV用高圧水素タンク・バルブシステムの国内販売を開始。

高圧水素タンク

社名:三井物産プラスチック(株)
説明:燃料電池自動車、水素ステーション蓄圧器、輸送用トレーラー用高圧水素タンク。

【開発品】大気圧下洩れ検査センサー

社名:三弘エマテック(株)
説明:大気圧環境下での媒体ガスの洩れ検査センサー「e’MD3000」。

燃料電池電気モビリティ

社名:燃料電池と水素、電気モビリティネットワークNRW
説明:クリーンで、効率よく、長距離対応可能。

関連セミナー

来場には事前の登録が必要です

受付終了しました

受付終了しました

来場のお問合せ